介護業界への転職なら今がチャンス!!介護職に転職する良さを知ろう!!

利用者様から感謝されることが多い上に、雇用の安定感も抜群な介護職は、かなり魅力的な仕事です。現在は介護職員の人材需要も高まっており、転職する業種としても男女共に注目されている業界です。ここでは、昨今大きく注目されている介護職に転職するメリットについて色々ご紹介します。

介護職が転職に選ばれる理由とは?

介護 求人 東京,老人ホーム 東京

① 年齢に関係無くキャリアアップできる

男女共に活躍できる業界

介護職では多くの男性女性が活躍しています。女性の場合、高齢者のケアをする職業柄、きめ細やかな気遣いや感性が女性向きで、家事スキルも仕事に活かす事ができる点が大きな魅力と言えます。また、介護職では勤務時間等に関しても働き方を幾つか選ぶ事ができるので、女性にとっては家庭と両立しやすい職業である点も人気理由の一つになっています。これらの働き方の特徴から、女性もキャリアアップを目指す事ができる職種であり、また、長期間勤務しやすい業種と言われています。 もちろん、男性の場合も同様です。介護現場と言うのは、体力も必要になる場面も多いので、男性介護職はどの介護職場でも大いに歓迎されます。また、男性利用者に対するケアも男性介護職員が担当したほうが、利用者から喜ばれる事も多い事が挙げられます。なので、男性も女性と同様に働きやすい環境である事はもちろん、安定した勤務でキャリアを積んでいく事ができます。 男女問わずにシンプルなキャリアアップを望む事が可能で、資格取得していけばその分キャリアの道が拓かれていく業界です。無資格でも介護士としてスタートできる職場が多くあり、現場で実務経験を積みながら学び、資格取得を目指す事ができる魅力ある職業なのです。

キャリアアップを目指せる

無資格で介護職に就いた初めの期間は、給与が少ない事も多いですが、資格取得していく事で転職に有利になり、次なるステップアップに向けて進んでいく事ができたり、資格手当が付く場合が多い為給与アップを狙ったり、介護士として成長していける職業が魅力です。資格取得する際の費用に関しても、勤務先の企業が全面的にサポートしてくれて、費用を負担してくれる所も多いので、介護業界でのキャリアアップを目指す際には、とても優遇された仕事環境と言えます。なので、例えば無資格パート勤務からスタートしたとしても、資格取得を経て正社員採用されたり、実務実績を積んで管理職まで昇格したり、自分の介護職としてもキャリアを上げていく事も望める環境になっています。

年齢がハンデにならない業界

介護職では、他業種に比べて年齢がハンデになると言う事がそれ程無い職種である点も大きな魅力の一つです。実際、介護業界では現役で働いている人には、20代~70代までの人達が介護職員として働いています。その中でも介護職員の中心年代層と言うのは、40代~50代と言われており、就業するに当たって年齢層に幅がある事が挙げられます。なので、健康な方であればたとえ高年齢であっても、介護業界では大いに歓迎される傾向があるので、長く安心して働ける職種と言えます。

② 将来性が高く安定している職業

リストラのリスクが低い

現代の日本は、雇用不安定な時代になっており、会社のリストラを恐れていると言う人も少なくありません。折角、資格を取得して介護職に就いてもリストラされるリスクがあると、取得した資格が無駄になったり、不安感が募ったりするものです。しかし、介護業界はリストラのリスクが低いと言う点が大きな魅力です。 介護職は、私達が生きている限り必ず必要とされる職種です。なので、働く場所が都心部でも地方でも、場所を選ぶ事無く仕事の求人は豊富にあります。これからは、ますます高齢化社会になっていく為、介護士の需要は高くなる一方です。勤務先の職場が倒産や撤退しない限り、いきなりリストラされて就職先に途方に暮れると言う事が少ない職業と言えます。

就職先が見つかりやすい

万が一、自分が働いている勤務先が倒産や撤退と言う事になっても、再び就職先を探す際に直ぐに新しい職場が見つかりやすい事がメリットとして挙げられます。今後は、超高齢化社会になる事を考えると、この傾向はさらに強まると予想されます。介護職は、どんな土地であっても求められている仕事なので、例えば、引っ越しを理由に住む場所が変わったとしても、職を探す事に困る事はほぼありません。自分の都合で引っ越す場合、家族の仕事の転勤で住む場所が変わる場合等、そのような状況でも男女共に安心して就職先を見つける事ができます。

③ ワークライフバランスが上手く取れている

残業が他業種と比較して少ない

「介護職は仕事が大変」というイメージを抱いている人もいるかと思いますが、実は介護職と言うのは他職種と比べてみても残業が少ない業界です。なので、長時間勤務が当たり前になっている職種より、肉体的・精神的な負担が少ないと言えます。終電帰宅になるような事もほぼ無く、勤務時間内に仕事を終わらせて帰宅する事ができます。なので、育児や家事に忙しい女性でも働きやすく、勤務を行いながら介護資格取得の勉強もしやすい職種になっています。

休日出勤が少ない

介護職では、休日出勤も滅多にないと言う事も大きな魅力の一つです。なにか仕事で緊急事態が起きたり、急な人手不足になったり、何か大事な事情がない限り休日出勤を頼まれる事はありません。

④ 介護職員として活躍できる現場が多い

介護職は現代ではなくてはならない職種の一つと言われていますが、活躍できる職場が多い点も介護職の大きな魅力です。特に、唯一の国家資格である介護福祉士資格を取得した場合、介護士としての活躍の場は一気に広がります。例えば、介護福祉士資格を持っていると、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、老人保健施設、デイサービス等、実に多くの介護職の現場で働く事ができます。利用者一人一人に合わせたきめ細やかなケアに対応していく為、介護職が活躍できる職場と言うのは実に多いので、職場を選ぶ事のできる選択肢もあります。

介護職に就くやりがいとは?

介護 求人 東京,老人ホーム 東京

利用者との信頼関係が深まる

介護職と言うのは、人と人との結びつきを大切にする仕事です。介護現場で実際に働いている職員は、利用者やその家族と日々密接に関わっています。その中で、感謝の気持ちを示される場面も多く、そのような機会が仕事のやりがいに繋がります。また、介護施設に入所した初めの頃は塞ぎ込んでいた利用者が、徐々に明るくなっていく姿や利用者本人やその家族から労いの言葉を掛けられた時等、介護職をやってきて良かったと実感する事も少なくありません。

仕事を続けていく事に比例してやりがいも増していく

介護職に自分が慣れてくると、仕事に対する責任は新人の頃に比べて増しますが、仕事を行っていて実感できるやりがいは勤務年数に比例して大きくなっていきます。自分が介護のリーダーとして介護のあるべき姿を模索したり、利用者の為により良い介護を試行錯誤したり、介護の仕事が自分にとって大きなやりがいになっている人も沢山います。

人生観や価値観の視野が広がる

介護職員として働いていると、様々な高齢者の方と接していく事になります。高齢者である人生の大先輩の方と日々触れ合う中で、自分の今までの人生を見直してみたり、新たな気付きや発見をしたり、自分の成長に繋がる事もあります。それを仕事のやりがいとして働いている職員も少なくありません。